~あなたの悩みを解決~債務整理.COM 神戸版 » 神戸で自己破産に対応している弁護士事務所 » いくらからできる?自己破産の借金額の基準とは

公開日: |最終更新日時:

いくらからできる?自己破産の借金額の基準とは

自己破産はいくらからできるのか、金額の基準や判断方法など紹介しています。

自己破産に借金の金額制限はない!

借金をゼロにできる自己破産。一体、いくら借金があればできるのだろう、と気になる方もいるかと思いますが、実は、自己破産をする上で、借金の金額はさほど関係ありません。大切なのは、債務者に支払い能力があるかどうか

自己破産の条件は、支払不能であることなので、借金の総額よりも、収入があるかどうか、完済の余地があるかどうかが重要視されます。

支払い能力があるかは、どうやって判断すれば良い?

自己破産の金額基準の一つとして、借金額が100万円以上が目安と言われていたりもしますが、これは100万円以下は自己破産ができないという意味ではなく、100万円以下の場合は、自己破産をしなくても、解決できる可能性が高いためと言えます。

例えば、現在の借金が100万円だとすると、月々3万円の返済をすれば、3年以内に完済の目処が立ちます。何かしらの収入がある人であれば、頑張って返済できる金額と言えますね。

一方、無職や失業中の人にとっては、同じ100万円でも借金の重みが変わり、自分の力で返済が不可能となれば、自己破産の申し立てができます。

自己破産の金額の考え方としては、まずは利息を抜きにした借金を3〜5年程度で返済できるかどうかを考えてみましょう。ただし、例外としては、任意整理や個人再生を行うことで、完済の目処が立つケースもあります。

例えば、500万円の借金がある場合でも、個人再生を行えば、100万円ほどに借金を減額できるため、わざわざ家や財産を手放してまで自己破産を行うメリットはないかもしれません。

債務整理を行わない限り、利息を抜きにした借金や、適した債務整理の方法は判断しにくいので、なるべく早く弁護士に相談をするのが一番の解決方法です。

弁護士が支払い不能と判断する3つの基準

弁護士事務所では、主に次の3つの基準で自己破産の際の「支払不能」状態を判断します。

1.支払い能力の欠如

債務者の収入力で、借金を返済できる見込みがあるかどうか

2.履行期にある債務の弁済状態

支払い期限に遅れがないかなど、現在の借金の支払い状況を調査

3.継続的・客観的に見て支払い不能である

明らかに債務が大きすぎる状態や、A社には返せるけどB社には返済できないといった状況を客観的に審査。現在の収入だけでなく、ボーナスなど今後予定のある収入も考慮

このように自己破産の検討は、さまざまな角度から徹底的に調査した上で「支払不能」と判断されています。

相談無料・着手金無料!神戸の債務整理に力を入れている弁護士・司法書士事務所を紹介 相談無料・着手金無料!神戸の債務整理に力を入れている弁護士・司法書士事務所を紹介
ーまずは無料相談へー
「任意整理」の費用が安い事務所をご紹介します
イメージ

無料相談・分割支払いも可能な任意整理に対応している法律事務所