公開日: |最終更新日時:

FXの借金と債務整理

FXは、他人の資本を使用して自己資本の利益率を高める投資法ですので、少しでも為替が変動すれば、大きな利益を得ることができます。この記事では、債務整理可能かや、裁量免責を認めてもらえないケースもあるのかなどをまとめています。

FXで借金ができてしまう理由

FXは、他人の資本を使用して自己資本の利益率を高める投資法ですので、少しでも為替が変動すれば、大きな利益を得ることができます。その反面、多額の証拠金を手放す可能性もあります。FXには、強制ロスカットという証拠金以上の損失を出さないようにするシステムがあるのですが、レートが急変動すると強制ロスカットが追い付かず、多額の損失を生んでしまう可能性があります。負けた分を取り返そうと、お金を借りてまでつぎ込んだらまた損失を被るなど、そんな悪循環で、FXによる借金がかさんでしまうのです。

FXの借金は債務整理可能か

FXや株などの投資はギャンブル性が高く、自己破産手続きにおける免責不許可事由に該当します。また、借金を帳消しにする免責が認められる自己破産は原則不可能ですが、例外もあります。

裁量免責を認めてもらえないケースもある

手続き中にFXを再開した場合

自己破産を申し立てて手続きを始めたにもかかわらず、FXを再開した場合は、本人に十分な反省の態度が見えず、経済的な生活再建も見込めないと判断されますので、裁量免責を求めるのは難しいです。

免責不許可事由がほかにもある場合

免責不許可事由といっても、悪質さの度合いはさまざまですが、免責不許可事由が複数存在する場合は悪質さの程度が高いとされますので、裁量免責が承認されにくくなるのは確かです。

過去7年以内にも自己破産している場合

FXで借金を抱えてしまった場合だけではありませんが、過去7年以内に免責を受けている人は、再度免責を受けることはできません。再度免責を受けるためには、以前の免責より7年以上経過している必要があります。しかし、前回も投資による借金が理由で自己破産をして免責を受けて、今回も同じようにFXで借金を抱えたという場合は、反省の態度や生活再建の見込みがないと判断されやすいため、裁量免責が認められにくい傾向にあります。

債務整理の方法は複数ある

そもそも債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産の3つがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。FXでふくらんだ借金を債務整理することは可能ですが、自己破産の手続きを行う場合には、管財事件にならないように注意する必要があります。どんな債務整理の手段をとるかはケースバイケースですので、自身で判断せず、専門家に相談しましょう。

借金が返せなくなったら?
パターン別の対処を見る

相談無料・着手金無料!神戸の債務整理に力を入れている弁護士・司法書士事務所を紹介 相談無料・着手金無料!神戸の債務整理に力を入れている弁護士・司法書士事務所を紹介
ーまずは無料相談へー
「任意整理」の費用が安い事務所をご紹介します
イメージ

無料相談・分割支払いも可能な任意整理に対応している法律事務所