~あなたの悩みを解決~債務整理.COM 神戸版 » 借金を減らす!無くす!「債務整理」 » 債務整理の相談に行きたい!事前準備はどうすればいい?

公開日: |最終更新日時:

債務整理の相談に行きたい!事前準備はどうすればいい?

債務整理のための一歩を踏み出す勇気が出た方へ、スムーズに債務整理の手続きを進めるためのポイントをご紹介しています。

債務整理は「弁護士」と「司法書士」どっちに頼めばよい!?

インターネットで「債務整理」を検索すると「弁護士」と「司法書士」どちらも目にしますね。どちらも債務整理に携わり、法律相談を受け、貸金業者と交渉を行ったり、訴訟手続きを行うことが可能ですが、実は大きな違いがあるのです。

それは「個人の債務額」です。債務額とは借金や過払い金を合わせた金額で、これが「140万円以下」であれば弁護士でも司法書士でも対応可能です。

この場合の「司法書士」は「認定司法書士」に限られていますのでその点で注意が必要です。万が一、あなたの債務が「140万円」を超えるのであれば自動的に弁護士への相談となります。

準備しておく「モノ」は何?

準備しておくと助かる「モノ」が数点あります。弁護士や認定司法書士に面会する前に可能な限り準備しておきましょう。

現在の借入金額

自身がどの貸金業者(または個人)からいくら借りていくら返済しているのかはまず必要な情報です。

会社名(または個人名)・年利・借りた金額と日付・返した金額と日付などわかる範囲で一覧表にしておくと、相談がスムーズに運びます。

また、完済した場合もしっかりと記載しておきましょう。過払い金があった場合お金が返ってくる可能性があるからです。忘れてしまった部分は債権調査で分かりますが、早期解決のためにしっかりと準備しておきましょう。

過去1ヵ月の収支記録

現在の収入額、支出の記録も用意しておきたい情報です。債務整理の手続きの判断材料として必要です。支出の部分には毎月の返済している金額も含めて書いておきましょう。

準備しておく「心構え」は何?

相談材料がそろったならば事務所へと相談に行きましょう。その際に必要なモノは「心構え」。あるのとないのとでは大きくその後が変わるかもしれません。

飛び入りではなく予約をしてから行く

債務整理を行う方は精神的に辛い状況であるが故、予約なしで思わず事務所に立ち寄ってしまうこともあるかもしれません。

事務所側も、用意が必要ですから、飛び入りの場合はお断りされてしまう可能性があります。そうなると、時間ももったいないですし、断った方も断られた方も気持ちがよくありませんね。

まずは、電話やメールで予約しましょう。その際、相談したい内容はもちろん、電話対応できない時間帯を伝えておくとさらにスムーズです。

また、誰にも知られずに…と思っている場合はその旨も伝えておくと◎。相談内容が精神的にヘビーなものですから、せめて段取りだけでもスマートに進めるようにしましょう。

「お金を払ってるのだから!」はNG!

実際にこちらはお金を払ってその対価として弁護士や認定司法書士は動きます。ですが、「こっちはお金であなたを雇ってやってるんだ!」という態度はいただけません。

なぜなら債務整理というのは、非常に煩雑で交渉が大変な仕事です。貸している側だって取られないための抵抗や対策を講じてくるでしょう。

そんな中で「依頼人のために」と頑張ってもらうためにも、結果が出るまで少しの辛抱が必要です。

もちろん「ひれ伏す」必要はありませんし、金額に見合った働きをしていないのが明らかなのであれば、相談先を変えるという選択肢も持っておくと良いでしょう。

相談無料・着手金無料!神戸の債務整理に力を入れている弁護士・司法書士事務所を紹介 相談無料・着手金無料!神戸の債務整理に力を入れている弁護士・司法書士事務所を紹介
ーまずは無料相談へー
「任意整理」の費用が安い事務所をご紹介します
イメージ

無料相談・分割支払いも可能な任意整理に対応している法律事務所