~あなたの悩みを解決~債務整理.COM 神戸版 » 借金を減らす!無くす!「債務整理」 » 債務整理は弁護士と司法書士、どっちに依頼するのが良い?

公開日: |最終更新日時:

債務整理は弁護士と司法書士、どっちに依頼するのが良い?

借金や過払金などの債務処理の相談先には、「弁護士」と「司法書士」の2つがあります。どちらに相談するかによって、債務処理の手続きや解決方法が異なってくるのです。

ここでは、債務処理を弁護士と司法書士に依頼した際の違いや、弁護士に依頼するメリットを解説します。

対応できる業務や金額が異なる

同じ法律の専門家でも、対応できる業務が異なる弁護士と司法書士。債務処理においては、金額の上限なしに対応できる弁護士に対して、司法書士は、債権額が140万円以内と決まっています。

厳密には、相談だけなら司法書士にもできますが、過払金が140万円を越えてしまうと、司法書士では、代理で訴訟を行うことができないのです。

調査はしてくれても、裁判は自分でやってくれと言われてしまったり、中には、過払金が140万円以下になるよう減額されたというケースも…。

弁護士と司法書士の仕事内容

そもそも弁護士と司法書士には、次のような違いがあります。

弁護士

  • 法律を使って依頼人を守るのが主な仕事
  • 身近なトラブル・事件・借金などの幅広い相談ができる
  • 代理人として相手方との交渉ができる

債務処理:あらゆる借金や過払金の相談・交渉・訴訟に対応できる

司法書士(認定司法書士)

  • 不動産や会社等の登記を行うのが主な仕事
  • 登記の手続きや、後見人、遺言書の作成などを依頼できる
  • 簡易訴訟や一部の債務処理の相談ができる

債務処理:債権額が140万円以下の場合のみ、相談・交渉・訴訟に対応できる

債務処理を依頼するならどっちがいいの?

金額関係なしに代理人としてフルサポートできる弁護士がおすすめ

弁護士なら、金額関係なしに代理人として訴訟までをフルサポートしてくれるので、債務処理は弁護士に相談するのが安心です。

弁護士に債務処理を依頼するメリット

弁護士に債務処理を依頼する際は、他にも次のようなメリットがあります。

1.申し立てから裁判までをフルサポート

過払金の返還をはじめ、自己破産や民事再生においても、弁護士なら相談から裁判までフルサポートが可能。自分で裁判に出向く必要がないので、裁判官とのやり取りなど、複雑な手間は一切なく、全てをお任せできます。

2.よりスピーディーな手続きで短期解決!

過払金の返還手続きや、自己破産をする場合、地方裁判所の代理人になることができない司法書士は、手続き完了までに約6ヶ月の時間がかかります。一方、代理人になれる弁護士は、即日面接が可能。一般的には、申し立てから3~4ヵ月程度で、よりスピーディーな問題解決が期待できます。

3.自己破産・民事再生の訴訟費用が安い

東京地方裁判所で本人申し立てをする場合、司法書士に依頼すると、予納金は最低50万円ほど。弁護士は、少額管財手続ができるため、予納金は20万円程度と費用も安く済みます。

相談無料・着手金無料!神戸の債務整理に力を入れている弁護士・司法書士事務所を紹介 相談無料・着手金無料!神戸の債務整理に力を入れている弁護士・司法書士事務所を紹介
ーまずは無料相談へー
「任意整理」の費用が安い事務所をご紹介します
イメージ

無料相談・分割支払いも可能な任意整理に対応している法律事務所